日本全国スタイル実例 夢スマ百選。100/100 掲載情報

芸術を楽しむ家

 

音楽を家族で楽しめること。家事や生活の動線をひとつながりにすること。洋画家でもあったご主人の祖父から受け継いだ絵画や、もともと土地に建っていた祖父の家の建材や家具、日本庭園などをできるだけ生かしたいということ。そんなご夫妻の思いを受け止めた新居は、斜めの大屋根の下に、音楽と料理と絵画が溶け合っています。(万夢、百選。No.02)

資料請求者様の中から毎月、抽選でプレゼント
30名様、¥3,000分(1人)のQUOカード

レトロな雰囲気の型板ガラスをはめ込んだ室内ドア。ガラスは施主の祖父宅の玄関ホールで使われていたもの。

リビングには受け継いだオーディオや家具を置き、大量のレコードを壁面に収納。大きく張り出した庇と縁側が、元々あった庭と家をつないでいる。

LDKの一角に設けられたスタディスペースは、キッチンの正面に。

庭に面したリビングとダイニング。天井には無垢材、床にはオーク材を採用。

2階にある寝室は、屋根裏部屋のような雰囲気。

壁に沿ってキッチンを配置。ガスレンジやオーブンなども造作家具できっちりと収めている。

キッチンは左に火の作業場、右に水場を分離させた。

平屋のような佇まいの玄関回り。SE構法は2mの積雪にも耐える強度を持つ。

資料請求者様の中から毎月、抽選でプレゼント
30名様、¥3,000分(1人)のQUOカード
▲ページの先頭へ