日本全国スタイル実例 夢スマ百選。100/100 掲載情報

しなのいえ工房/(株)アグリトライ

あたたかさが満ちる家

リノベーションで生まれたのは
快適さ、あたたかさ、そして
家族6人が自然に集う、やさしい“たまり場”


ベストタイミングで
家族を育むリノベーション

 M邸はMさんの奥様の実家です。60代を迎えた一人暮らしのお父様が入退院を繰り返したのをきっかけに、同居を決意。中学校時代の同級生で実家が近いご主人も同意見で、築40年の実家を建て替えるか、リノベーションをするか、検討を重ねました。
 3人の子どもたちが学期内に転校するのを避けたかったこと、父の体の負担を少しでも軽くしたいこと、3年前に設備を入れ替えたばかりの水周りを生かしたいこと、そして6人家族が快適に暮らせる環境が予算内で整うことなど、さまざまな条件を満たす結論として、しなのいえ工房でのリノベーションを選びました。
 奥様のお兄さん宅の新築と3年前のリフォームを、しなのいえ工房に依頼していたことから、技術に信頼が置けたこと、希望を率直に伝えやすいことも決定の理由でした。
 このタイミングでの同居には、大切な意味がありました。
「父が元気なうちに一緒に暮らし始め、家族の一体感を育てておきたかったんです。何か起きてからの同居では、父も私たちもお互いに遠慮しがちになりますし、子どもたちも戸惑うでしょうから」 ……続きは誌面でどうぞ

住まいnet信州 vol.33掲載

資料請求者様の中から毎月、抽選でプレゼント
30名様、¥3,000分(1人)のQUOカード

外壁には装飾溝を刻んだ無垢板を採用。黒くペイントして存在感のある外観になっている。株立ちアオダモのシンボルツリーがアクセント。

食器棚で塞がれていた東側(写真右手)の窓を復活させ、6人が着席できるリビングテーブルを造作。家族が自然に集まる空間が生み出された。

廊下からリノベーションしたリビングを望む。断熱性能を高め、室内の気温が一定化することで廊下とリビングの間の扉が不要になった。

リノベーションにより、それまで「寒かった」廊下が消滅。窓を塞いでいたテレビの置き場も壁伝いに定着。

リビングダイニングのテーブルは6人が集えるよう造作した。東の窓から望む日の出や四季の風景も家族の会話にのぼる。

キッチンは3年前にリフォーム。今回、床を無垢材にしたことでイメージが一新。

元々の和室はそのまま残した。家族がくつろげる場でもあり、子どもたちの勉強部屋にもなっている。

ビルダー情報
会社名:しなのいえ工房/(株)アグリトライ
ホームページ:http://agritry.co.jp

建築業許可番号:建設業許可番号/長野県知事(特-23)第11178号、一級建築士事務所/長野県知事(長野)H第85123号
所在地:〒3812212 長野県長野市小島田町字新城643
電話番号:026-284-4821
FAX番号:026-284-4825
取扱い工法:木造在来軸組工法
アフター保証:住宅瑕疵担保責任保険〈日本住宅保証検査機構〉、地盤保証〈ジャパンホームシールド(株)〉
取扱いエリア:全県
ホームページ:http://agritry.co.jp

資料請求者様の中から毎月、抽選でプレゼント
30名様、¥3,000分(1人)のQUOカード
▲ページの先頭へ