日本全国スタイル実例 夢スマ百選。100/100 掲載情報

陽だまりの家

 

明るさと開放感に満ちた室内、クロスやフローリングにはあえて複数の素材を採用。それでも、ちぐはぐな印象にならないのは、デザイン力の高さと洗練されたセンスがあるからです。ナチュラルモダンを基調としながらも、玄関、リビング、寝室、水まわりなど部屋ごとのコンセプトが確立された、個性的な住まいに仕上がりました。(万夢、百選。No.60)

資料請求者様の中から毎月、抽選でプレゼント
30名様、¥3,000分(1人)のQUOカード

南向きの大窓だけでなくあらゆる方向から採光できるため、家中が明るい光に包まれている。ホクシンハウスの住宅は断熱性に優れ、家中どこにいても暖かいので「観葉植物がよく育つ」と評判。

たくさんの窓を設けたダイニングキッチン。キッチンにも大きめの窓を付け、作業しながら外の景色を楽しめるようにした。床には掃除のしやすいプラスチックタイルを張り、フローリングのダイニングスペースと空間の切り替えをしている。

光が差し込む明るいオープンキッチン。左奥はパントリー。

暗くなりがちな廊下部分も吹き抜けになっている。壁に横長のライトを仕込んでいるので、夜も明るい。玄関、廊下、キッチン、ダイニング、リビングと動線が一周するつくりになっている。

楽器や愛読書などを置いた趣味の部屋。二つ並べて付けた縦すべりの腰窓がアクセントになっている。採光を重視し、部屋の上部にも横長のスリット窓を取り付けた。壁や天井には部屋ごとにすべて異なるクロスを採用。各部屋ともコンセプトがしっかりした個性的な空間となっている。

ドアや収納棚など、シャビーシックにまとめた玄関。ドアにもすりガラスがはめられているので明るい印象。

吹き抜け部分の大きなフィックス窓が目を引く。屋根には3kWの太陽光パネルを載せ、エアコンなどにかかる電気代を賄っている。現在、ホクシンハウスの施主のほとんどが太陽光パネルを載せているという。タイルを敷いたテラスも、縁側のように使えて重宝している。

資料請求者様の中から毎月、抽選でプレゼント
30名様、¥3,000分(1人)のQUOカード
▲ページの先頭へ