日本全国スタイル実例 夢スマ百選。100/100 掲載情報

(株)国木ハウス

隠された中庭、遊び心のある住空間。
無垢の素材に包まれてゆったり暮らす。

 都心からもほど近い新しい住宅地の一角に、モダンな佇まいを見せる国木ハウスのモデルハウス。東側道路に面した敷地は奥に向かって細長く、手前にはビルトインガレージ、その後ろには周囲の視線から守られるように中庭が設けられている。リビングは中庭のさらに後ろにつくられており、遮音効果も抜群だ。通りから見える開口部は必要最小限に抑えられているものの、中庭のおかげで室内は驚くほど光と開放感にあふれている。南側に隣接する住宅とうまく距離感を保ちながら庭の景色に憩い、他者の視線を気にすることなく心穏やかに暮らす。住まいづくりにおいて、国木ハウスがもっとも大切にしているのが、敷地に応じたプランニングとプライバシーの確保である。
 家が建つのはどんな環境か。まず、ここをしっかり吟味するのが最初の一歩だと、札幌営業所の澤田大輔所長は話す。「窓から見える景色、あるいは見たい景色は何か。それによって都市生活の豊かさはずいぶんと変わってきます。このモデルハウスは住宅が近接する敷地にあるため、中庭をつくることでゆとりを生み出しました。植栽計画を含めてプランを考えるのが、本来の住まいづくりだと思います」。どこからでも四季折々の自然を眺め、風と光を感じて暮らすことは精神的な充足感にもつながるはずだ。窓から見える景色も含めて、心地よい住まいが完成する。 ……続きは誌面でどうぞ

住まいの提案、北海道。 vol.57掲載
https://www.sdc-project.jp/hokkaido/details/2468/

資料請求者様の中から毎月、抽選でプレゼント
30名様、¥3,000分(1人)のQUOカード

中庭から眺めた吹き抜けのあるリビング。ストレート階段を上がると吊り橋のような廊下が架かっている。

中庭を囲んでL型に配置されたリビング・ダイニング・キッチン。ダイニングスペースの隣に、茶室をイメージした和室の入り口が見える。リビングの上は吹き抜けになっていて開放感たっぷり。

グレーのボディにステンレスの天板を配したオリジナルキッチン。モダンなアイランドカウンターに対し、収納カウンターは木の温もりでやさしさをプラス。

南の中庭に面したキッチンは一日じゅう明るい光がたっぷり入る心地よい空間。玄関に続く動線上にあるので、「いってらっしゃい」「おかえりなさい」もスムーズ。

琉球畳とアクセントカラーを配した壁紙でモダンに仕上げた和室。地窓を開けると坪庭の眺めが楽しめる。

スリリングな感覚にわくわくさせられる渡り廊下。吹き抜けに面した一角にフリースペースにはデスクカウンター設けられ、オープンな書斎としても楽しめる。

キッチンの裏手にバス・脱衣室・洗濯室を集約。洗面化粧台はオリジナルデザインの広々設計。

資料請求者様の中から毎月、抽選でプレゼント
30名様、¥3,000分(1人)のQUOカード
▲ページの先頭へ