日本全国スタイル実例 夢スマ百選。100/100 掲載情報

(株)エーアイホームズ

大切なのは「居場所づくり」。
コミュニケーションが生まれる、
リビングの空間設計。

 40代のYさんご夫婦が家を新築することにしたのは、3年ほど前から住んでいた築30年の家が、あちらこちらでメンテナンスをしなければならなくなったことがきっかけ。子どもが生まれたことも背中を押し、4姉妹長女である奥さまのご実家を建て直すことに決めた。ご夫婦と小学1年の娘さん、年少の息子さんと奥さまのお母さまで暮らす新居のために、3年かけて住宅展示場やモデルハウスを訪ね、フィーリングの合う会社を探すなかで出合ったのが『エーアイホームズ』だった。 
 「以前住んでいた家が吹き抜けだったので、開放感のある家にしたかった」というご主人と、「妹たちが近くに住んでいることもあり、みんなが集まる家にしたかった」と話す奥さまの希望にフィットしたのが、「温かみ」と「一家団らん」のイメージが感じられた、『エーアイホームズ』によるアレブデザインの家。中2階のフリースペースや半地下収納といった、「遊び心」と「機能性」が共存するデザインにも魅力を感じ、我が家づくりを依頼することに決めたという。 ……続きは誌面でどうぞ

住まいの提案、北海道。 vol.57掲載
https://www.sdc-project.jp/hokkaido/details/2477/

資料請求者様の中から毎月、抽選でプレゼント
30名様、¥3,000分(1人)のQUOカード

リビングと一体化した回遊式のアイランドキッチン。天板が広く家事もはかどる。

Y家のシンボルでもある大迫力のテレビステーション。間接照明が目にやさしい。

2階廊下の壁穴は、小さな子どもが安全に階下を見られる「のぞき窓」の役割も。

リビング全体を見渡すキッチン。家事をしながら、子どもの様子を確認できる。

基地のような閉鎖感が落ち着く中2階のフリースペース。

2階廊下の先にあるのは、洗濯物が干せるサンルーム。

引き戸を閉めて目隠しできる、玄関隣のシューズクローク。

資料請求者様の中から毎月、抽選でプレゼント
30名様、¥3,000分(1人)のQUOカード
▲ページの先頭へ