日本全国スタイル実例 夢スマ百選。100/100 掲載情報

ハンサムLDK

平面のコンポジションが印象的なM邸。ブルーの壁の裏にある玄関から中に入ると、無垢アカシアの床材が存在感を放ちます。樹種は、「床は無垢の木に」と決めていたMさんが、自ら木の専門店に足を運び選んだもの。これに対してバンホームは、個性的なアカシアに合うデザインを提案しました。たとえばリビングの壁、キッチンカウンター、建具、階段の手すりを「黒」に。同じ黒でも、タイル、セメント板、アイアンなど場所により素材を変えることで、それぞれに異なるテクスチャーが引き出され、表情豊かな空間になっています。

キッチンの床もアカシアで統一。正面に見える戸の向こうにはパントリーがある

リビングスペースとダイニングキッチンはエリアを分けつつ、ひとつながりに。床に張ったアカシアと釣り合うよう、TV裏の壁やキッチンカウンターには個性的なセメント板を採用。リサイクル素材を使った内装ボードで、一つとして同じ色柄がないのが特徴だ

玄関とキッチンの間にあるウォークスルーのパントリー。左は階段下のスペースを利用し、右は棚にして収納ケースをきっちり並べている

リビングの一角にある畳のスペース。吊り棚の奥は、M邸のテーマカラーでもあるブルーの壁に。戸を閉めれば独立し、客間としても使える

玄関ホール脇にあるご主人の個室。趣味の釣りやゴルフの道具を整然と並べてある

キッチンの裏側には、洗面スペースとランドリーを直線状に配置。洗濯して干して仕舞うまでをここで完結できる

ガルバリウムの壁の裏側に玄関。駐車スペースからもすぐに入れる

システムキッチンには壁と同じセメント板を張り、テーブルとカウンターを造作。照明や椅子とも雰囲気が合っている。ダイニングの後ろには小さな書斎スペースを設けて

▲ページの先頭へ