日本全国スタイル実例 夢スマ百選。100/100 掲載情報

モダンお父さんの平屋スタイル

 

緑鮮やかな田畑の中にゆったりと佇む平屋建て。周囲の開放感を十二分に味わうため、外の環境をいつも感じられる間取りとしました。象徴的なのは、リビングから続く23.7帖のウッドデッキ。ウッドデッキは縁側のように土間玄関までつながっており、室内と外がおもしろいほど区別なく、暮らしの中で溶け合っているのを感じます。(万夢、百選。No.18)

資料請求者様の中から毎月、抽選でプレゼント
30名様、¥3,000分(1人)のQUOカード

存在感がありながらも周囲の環境や緑豊かな庭に馴染む、ウッディな平屋建て。

「使える広さを考えたら、当初のイメージより大きくなった」というウッドデッキ。2面をフルオープンにでき、開け放つと風や光が走り抜ける。

ウッドデッキは玄関まで縁側のように続き、回遊が可能。深い軒下で木陰を楽しむように外空間を満喫できる。

冬は南西の窓から暖かな陽射しが注ぎ、薪ストーブとともに快適な温もりで室内を満たす。

子ども部屋は廊下との間に仕切りを設けず、オープンなままに。2人の息子さんが自由に遊べる空間。

外との一体感が感じられるよう、玄関には正面に窓を設け、外壁と同じ木材を使用。洗濯物を干したり野菜を置いたりと、幅広く使える玄関を目指した。

造り付けの収納には扉を付けず、片付けやすさと使いやすさを重視した見せる収納をチョイス。

レッドシダーの羽目板張りが印象的。平屋ならではの横に広がる空間を、魅力的に味わえる住まいに。

資料請求者様の中から毎月、抽選でプレゼント
30名様、¥3,000分(1人)のQUOカード
▲ページの先頭へ