日本全国スタイル実例 夢スマ百選。100/100 掲載情報

山小屋が寄り添うような家

 

緑の森を背景に、寄り添って建つ小さな山小屋といった風情の住まいです。建物のウラ側は、雑木林の合間をぬって川が流れる傾斜地。近くを走る国道の喧噪をできるだけ遮断し、木々の表情と川のせせらぎを存分に楽しむために、計画段階から木の位置をすべて測量、できるだけ木を伐らず、木のそばで暮らすことを心がけました。(万夢、百選。No.12)

資料請求者様の中から毎月、抽選でプレゼント
30名様、¥3,000分(1人)のQUOカード

独立した小さな山小屋が寄り添って建っているような、ユニークな外観。

独立した小さな山小屋が寄り添って建っているような、ユニークな外観。

開口部のガラスを斜めにしたことで、大きな木の下で暮らしているような錯覚が楽しめる。

開口部のガラスを斜めにしたことで、大きな木の下で暮らしているような錯覚が楽しめる。

建物ウラ側の緑豊かな雑木林を、借景として生かした。

ミズナラの大木とモミジを仰ぎ見る、ダイニングキッチン。

ミズナラの大木とモミジを仰ぎ見る、ダイニングキッチン。

小さな山小屋のような素朴な佇まいが、緑の森に溶け込んでいる。

資料請求者様の中から毎月、抽選でプレゼント
30名様、¥3,000分(1人)のQUOカード
▲ページの先頭へ