日本全国スタイル実例 夢スマ百選。100/100 掲載情報

HS DESIGN(株)

緑に包まれた丘の上に建つ、
四季の移ろいを愛でる家。

 札幌の街を見下ろす小高い丘の突き当たりに、Kさんご家族の家はある。急な坂道を上り切りてっぺんまで到達すると、そこは山の際に面した一角だ。深い緑を背景にいま来た道を見返すと、豆粒のような家並みのさらに奥に山の稜線が悠々と連なっている。絶景。夜景もさぞやきれいだろうと想像せずにはいられないロケーションだ。
 家が完成したのは昨年の2月。夏になるとバーベキューの回数も多くなる。家族でわいわい食べるのが楽しいという奥さまが、当時の住まいづくりについて話してくれた。「まだ社宅で暮らしていたとき、人目が気にならない場所に家を建てたいね、と。子どもが外で思い切り遊べる環境が重要でした」。
 土地探しと並行しながらビルダーを検討し、夫婦揃ってガルバリウム鋼板の外壁が好きという条件のもと、行き着いたのがHS DESIGNのホームページだ。多くの実例で紹介されるシックで洗練されたデザインに、ここなら自分たちの理想がかなうと確信したのだという。「社長の城下さんは温厚で物静かなのに、住まいづくりに対する熱がスゴイ。何より親身になってくれることが大きかった。最初から波長が合ったんですね」。当時、すぐに建てるという状況ではなく、着工までに4〜5年はかかっている。その間、計画を催促されることもなく適度に放っておかれたおかげで、じっくり自分たちのペースで住まいづくりができたという。 ……続きは誌面でどうぞ

住まいの提案、北海道。 vol.57掲載
https://www.sdc-project.jp/hokkaido/details/2466/

資料請求者様の中から毎月、抽選でプレゼント
30名様、¥3,000分(1人)のQUOカード

階段を中心に、リビングとダイニングキッチンを分離。視線が遮られないので、のびやかな気分を味わえる。

キッチン正面はすぐダイニングテーブル。フロア全体を眺めることができる特等席だ。

キッチン正面はすぐダイニングテーブル。フロア全体を眺めることができる特等席だ。

リビングの天井を少し高くして間接照明を設置。ダイニングとの間にある壁にはフロアと同じ木板で飾り、キー挿しやインターホンを。

リビングの天井を少し高くして間接照明を設置。ダイニングとの間にある壁にはフロアと同じ木板で飾り、キー挿しやインターホンを。

玄関ドアの鍵穴をパーツとして用い、家族全員分のキー挿しをデザイン。

資料請求者様の中から毎月、抽選でプレゼント
30名様、¥3,000分(1人)のQUOカード
▲ページの先頭へ